JIT(ジャストインタイム)在庫

JIT(ジャストインタイム)在庫プログラム

市場の需要に対応しつつ在庫コストを抑える適切なバランスを判断するには、どうすればよいのでしょうか。適切なバランスを実現するには、生産のBOM(部品表)の在庫レベルを資材管理チームが時間をかけて監視しなければならないのでしょうか。アヴネットのJIT(ジャストインタイム)プログラムを利用すれば、総コストを上昇させることなく、最適なバランスを維持できます。

アヴネットは、JITプログラムをさまざまな異なるサプライチェーンサービスに統合することで、お客様が最適なソリューションを柔軟に導入できるようにしています。JITプログラムで管理する製品の組み合わせを判断できるため、過剰在庫を発生させることなく、中断のない生産が保証されます。

 

注:地域によって提供可能なサービスが異なります。詳しくはお問い合わせください。

Point of Use Replenishment System - body

Display portlet menu

POURS(使用時点補充システム)

POURSモデルは、生産ラインでバーコードスキャンをトリガーのメカニズムとして使用することで、部品を生産ラインに送り出し、中央の場所から地域やオンサイトの倉庫に在庫を移動します。POURSで収集したデータをお客様の予想値と組み合わせて、在庫レベルを判断し、パイプライン注文が開始されます。

 

Just in time inventory service

IPS(In-Plant Store:工場内ストア)

IPSは、アヴネットのスペシャリストが管理するオンサイトの保管場所を提供することで、ニアリアルタイムで生産ラインに在庫を供給します。アヴネットのチームが資材や倉庫管理のプロセスを処理し、部品のIPSへの流れを管理し、使用された部品についてのみ、費用が請求されます。

詳細はこちら
jit programs

OutPlant Stores-Proximity Warehouse - body

Display portlet menu

工場外のストア/近隣の倉庫

IPSと同様、アヴネットがお客様の在庫の流れと倉庫管理を管理し、お客様の生産場所に近い施設に製品を保管します。宅配便を利用し、必要になる時間に基づくスケジュールに従って、それらの場所の間で在庫が移動されます。

Just in time inventory service

Vendor Managed Inventory (VMI) - body

Display portlet menu

VMI(ベンダー管理在庫)

アヴネットがお客様の場所に在庫を所有し、使用単位に基づく頻度に従ってお客様に請求書を発行します。いくつかの予測分析を行い、製品の一定の在庫を確保しつつ、コスト削減とキャッシュフローの改善を実現します。

詳細はこちら
jit programs

かんばん

かんばんモデルは、無駄のない、JIT(ジャストインタイム)の生産環境を実現するスケジューリングシステムです。かんばんシステムは、製造環境をサポートする在庫レベルをコントロールする目的で使用されるもので、充填された物理的または仮想的な入れ物を空の状態から充填するのに必要な補充量を判断します。

Just in time inventory service