公共スペースの管理

空き駐車スペースの特定

駐車場の空き状況を知ることは、運営会社にとって極めて重要なことであり、空車率が高ければ、売上は見込めません。駐車場の利用を最適化することで、ドライバーが空きスペースをすぐに見つけられるようになり、大きなイベントの開催時やピーク時間帯も空きスペースが保証され、大気汚染の削減にも役立ちます。24 時間 365 日の遠隔かつ自動的な追跡によって、空きスペースが監視されます。

 

駐車許可の簡素化

市町村においては、道路を通行止めにしたり、迂回路に誘導したり、道路工事を通知したりしなければならなくなることがあります。接続型の道路標識であれば、駐停車が可能な日時をデジタルインクの画面に表示し、Sigfox ダウンリンク接続を使用して離れた場所から書き換えることができるため、一連の手続きが簡素化されます。また、これらの道路標識は衝撃や振動を検知できるため、不正行為が行われた場合に警察や関係機関に通報することもできます。

 

公共サービス

食品の安全性向上

食品の温度監視は、生徒や患者に食事を提供する施設にとって極めて重要です。IoT ソリューションで食品貯蔵施設の温度を正確に監視することは、食品の安全性に関する手順が確実に守られるようにするのに役立ちます。温度が異常値になると温度監視デバイスからアラートが送られるため、職員がすぐに行動して正常な温度に戻すことで、微生物の発生や食品の廃棄を回避できます。

 

学校の安全性向上

スクールゾーンの道路標識の接続は、スクールゾーンの安全性を向上する、素晴らしい方法です。IoT 対応の標識は、動作条件に関するリアルタイムの情報を報告することもできます。

 

ジオロケーションによる自転車シェアサービスの効率化

気候変動の問題への取り組みや住民への別の通勤手段の提供という観点から、自転車シェアサービスが都市部で注目されるようになりました。

Sigfox の公共 IoT ネットワーク経由で自転車の場所をタイムリーに更新されれば、市町村や企業が自転車を必要とする地区を考慮して需要と供給をマッチングさせ、自転車シェアサービスを効率的に運用できるようになります。これは、違法駐輪や不法走行などの無責任な行動の抑制に役立つだけでなく、盗難や破壊行為の問題の低減にもつながります。

 

勤務状況の遠隔監視

Sigfox のグローバル IoT ネットワーク経由でタイムレコーダーをインターネットに接続することで、リモートサイトで働く従業員の勤務状況を監視できます。SIM カードによるリアルタイムの常時接続で従業員の出退勤を監視する必要はありません。

 

ユーザー満足度の監視

公共サービスの品質や満足度の向上には、ユーザーからのフィードバックが不可欠です。サービスを利用した直後にリアルタイムでフィードバックを得ることができれば、より貴重な意見を聞くことができるでしょう。小型でカスタマイズ可能な接続型のダッシュボードやボタンを設置し、ユーザーからのフィードバックをカラーコードで簡単に収集できるようにすれば、公共サービスの会場を離れる前に来場者の反応を確認できるようになります。そして、収集されたデータにクラウドですぐにアクセスし、可視化したり、リアルタイムの満足度のインサイトを取得したりできます。また、特定のしきい値や結果に基づいて通知が送られるようにすることで、迅速な対応が可能になります。

 

除細動器の動作保証

多くの公共施設や職場に除細動器が設置されるようになりましたが、100% の確率で作動しなければ、人命を救うことはできません。
接続型の除細動器であれば、毎日の作動テストやバッテリーテストの結果、扉の開閉状態、運転状況などの機能データを Sigfox グローバルネットワーク経由で送信し、正しく動作することを確認することができます。

 

環境

高精度のデータ収集による空気質の監視

Sigfox 対応センサーは、設置が容易で安価であるため、市町村全域に設置して、湿度、温度、空気質などのさまざまな数値を測定できます。一部の市町村では、路面電車やバスなどの乗り物にセンサーを設置してデータを終日収集している例もあります。

データの可用性が向上することで、大気汚染のインタラクティブかつリアルタイムの地図を簡単に作成でき、マシンラーニングによる高精度の汚染予測が可能になります。

接続型ゴミ箱によるゴミ収集ルートの最適化

接続型の省電力超音波センサーをゴミ箱に設置してゴミの量を計測し、ゴミ収集ルートを最適化することで、時間、労力、コストを節約できます。ゴミ箱の利用状況やゴミ収集の頻度などの貴重なデータもこのセンサーから提供されるため、収集ルートを統合して、時間、労力、コストをさらに削減することもできます。

 

使用量データの自動収集

メーターの設置場所に出向いて、電気・ガス・水道の使用量データを読み取ったり処理したりする必要はなくなりました。遠隔地の資産をリアルタイムで監視して最適化し、漏れや故障などの問題を検知できます。サービス会社においては、課金の自動化や遠隔操作でのサービスの開始や停止も可能になりました。IoT 対応メーターが Sigfox 公共ネットワーク経由でデータを直ちに送受信でき、ペアリングや構成は不要で、バッテリーを交換したり充電したりすることなく何年も運用できます。

 

消火栓:潜在的な問題をリアルタイムで監視

IoT 対応の圧力センサーで、消火栓の使用時にリアルタイムの警報や水の使用量データを受け取ることができます。加速度センサーを設置して、消火栓の破損、漏れ、故障の発生時に直ちに警報が送信されるようにしたり、温度モニターを設置して、極寒の気象条件での低温による防止したりすることもできます。

 

水道施設の遠隔監視

IoT センサーから提供される重要な水道施設の状態に関するデータを利用することで、故障や水漏れを回避でき、保守作業も効率化されます。水位、水圧、濁度、Ph 値、塩分濃度、ORP(酸化還元電位)、水流の遠隔監視によって、水漏れを防止し、飲料水の給水を追跡し、汚水処理の操作を監視できるようになります。

 

公園に出向くことなく土壌成分をチェック

IoT 対応センサーを利用することで、コスト効率の高い方法での土壌条件の遠隔監視が可能になり、水不足によって生じる植物のストレスを最小限に抑えることができます。これらのソリューションによって、植え替えのコストが削減されるだけでなく、水の使用量も最適化されます。

 

インフラストラクチャ管理

街灯のネットワークの遠隔監視と保守

IoT 対応センサーで過熱、電力不足、壊れた電球を検知することで、必要な保守作業を事前に計画できるようになります。定期的な保守点検が不要になり、人員の派遣が必要な作業が少なくなります。さらには、IoT 対応の光強度センサーを設置して、光の強さを遠隔操作で調整できるようにすれば、省エネルギーにもつながります。

 

工学構造の整合性のインサイト

IoT 対応の監視センサーでビルの重要な建材の亀裂、膨張、歪みを測定することで、ビルや構造物の損傷を検知し、予知保全と計画の改善によって、広範囲のビルの損傷をプロアクティブに防止できます。

 

IoT によるビルの保守と保全

IoT を、スマートビル管理、すなわち、エネルギーや水の使用量の監視、接続型の煙探知機、空調の保守、水漏れ検知などの幅広い用途に利用することもできます。

Sigfox対応デバイスと Sigfox で実現する IoT エンドツーエンドソリューションの詳細を参照 。

ダウンロード