Body-Mixed Media-SmartBuildings

Display portlet menu

IoT によって、施設管理、セキュリティ、建設会社の業務が変わりつつあります。

建設

盗難を防いで使用を最適化するための建設機械のトラッキング

建設会社は、リアルタイムのトラッキングとクラウドベースのデータセットによって、盗難を減らし、生産性を高め、運営コストを抑えることができます。建物で発生する機械や電気パネルなどの貴重な機器の盗難は、非常に大きなコストです。設備の保護は、盗難に対する抑止効果があります。また、盗難が発生した場合でも、警察が盗まれた資産を回収して起訴の証拠を収集するうえで役立ちます。重機のトラッキングから提供される貴重な知見は、マネージャーが見落としの発生を監視したり使用傾向を評価したりするのにも役立ちます。

 

シンプルで費用対効果の高い方法で建設現場を保護

従来の警報や CCTV システムは、建設現場に設置するコストが高く、構成にも時間がかかります。このため、多くの現場、とりわけ短期間のプロジェクト、建物が複数ある現場、使用できる電源がない場所では導入されません。Sigfox の IoT グローバルネットワークに接続された次世代の無線警報装置は、存在検知センサーを使用し、初期段階のプロジェクトや建設現場の電源がないセクションでの使用に最適なソリューションです。このような警報ユニットはバッテリ電源だけで動作し、現場のどこにでも設置できます。

 

電気パネルの保護

IoT は、建設現場の効果な資産の保護に役立つソリューションを提供します。トラッキング向けに接続された電気パネルに切り替えることで、盗難や破損を防止できます。動きが検知された場合は、Sigfox のグローバル IoT ネットワークを介してパネルから電気工事業者へと警報が送られます。動きの検知によって GPS トラッカーがトリガーされます。位置の詳細は、警察が資産を発見・回収し、闇市場ネットワークの打倒に役立つ重要な情報となります。

 

警備

煙や火災の警報は、インターネットを介して送られます

火災安全装置の保守は時間がかかり、不要なチェックを実施しなければならないために多くの工数が無駄に費やされます。従来の煙探知器によって送られる警報は、十分に聞こえなかったり、無視されたりすることもあります。Sigfox ネットワークに接続された煙探知器は、リアルタイムアラート、キープアライブステータス、バッテリレベルを送信できます。警備会社は、警報にすばやく応答し、安全性を向上させることができるため、顧客を維持し、新しい契約を獲得し、業務管理を改善できます。

 

バックアップ警報システム

警備会社は、信頼性が高く一貫した保護を提供する必要があります。Sigfox のグローバル IoT ネットワークを使用するスマートセキュリティソリューションは、GSM ジャマー対策機能を提供し、警備員の職務遂行を保証し、警報システムの信頼性を高めます。これらのスマートデバイスは、従来のシステムと競合するのではなく、既存のプラットフォームを補完し、警備会社が既存サービスの有効性を高めるための費用対効果と拡張性に優れた方法を提供します。

 

施設管理

ビルオートメーションシステムのインフラストラクチャは、これまで以上にシンプルで安価になっています。

低コストで自律的な無線の Sigfox 対応センサーは、HVAC、ボイラー、照明、電源、火災、警備などのシステムを監視するために、建物全体に迅速かつ簡単に設置できます。また、温度、占有率、室内の空気質と湿度、ドア開口部などの運用パラメータを監視して制御することも可能です。エレベータやエスカレータなどの重機には、故障を予知するためのセンサーを取り付け、故障が検知されたときに迅速な修復をトリガーできます。水漏れやレジオネラも IoT センサーで検知できます。これらのセンサーは、バッテリ交換なしで何年も動作するため、手作業の保守や制御の手間が省けます。

 

使用状況データを簡単に収集

現場での手作業によるメーター読み取りとデータ処理に費やす時間とコストを削減できます。一度起動したメーターは、Sigfox パブリックネットワーク経由でデータを即座に送信できます。ペアリングや構成は不要であり、バッテリも何年も交換する必要はありません。リアルタイムで基盤を監視/最適化して、水漏れを検知し、課金を自動化し、サービスをリモートからアクティブ化/非アクティブ化できます。

 

ビル基盤の完全性に関する知見

重要な構造要素にひび割れ、延長部またはひずみゲージを測定することによって、建物の構造の損傷を検出します。不断の監視によって、エンジニアが建物の改善を予測/計画しやすくなるので、建物の広範な損傷を防止できます。

 

AED をいつでも使用可能な状態に

現在、公共施設や職場で広く AED(自動体外式除細動器)を使用できるようになっています。しかし、人命を救助するためには、AED は 100% 完璧な状態で動作しなければなりません。重要なデータは Sigfox グローバルネットワークを通じて送信され、毎日のテストの結果、バッテリテスト、ドア開口部、動作状況などの機能が正しく機能していることを確認できます。

 

ネズミの侵入を防止

ネズミは多くの病気の感染源となるだけでなく、電気火災を引き起こす主な要因でもあります。顧客満足度、評判、競争力が低下して、企業としての責任を問われかねません。ネズミは弱視であることから、周囲のあらゆるものに触れて嗅ぐことによって動き回ります。したがって、餌を探す過程で新しい物を避けることを学ぶため、罠を仕掛けるだけでは効果がありません。IoT を活用してネズミの活動を監視するソリューションは、赤外線センサーを使用して、建物内でネズミの活動が集中する場所を特定できます。また、ネズミ管理プログラムはこのデータを使用して捕獲率を最大 6 倍向上できます。

 

ゴミ収集の手間を排除

ゴミ収集業者に連絡したりするのは時間の無駄です。ゴミ収集容器がどの程度いっぱいになっているかが自動的にクラウドに送られ、ゴミ収集リクエストがトリガーされます。必要に応じて、簡易な温度センサーや火災警報器を追加して作動させることもできます。これによって利便性と安全性を実現し、集荷リクエストを減らすことができます。

 

ボタンを押すだけでサービスを呼び出し

Sigfox のグローバル IoT ネットワークに接続されたシンプルなボタンデバイスによって、施設マネージャーはコストを削減し、顧客のニーズを予測し、卓越したサービスで顧客に満足を提供できます。顧客はボタンを押すだけで、在庫の補充や施設の保守に必要に応じて対処できます。アラートは、Sigfox ネットワーク経由で施設マネージャーのダッシュボードに送信されます。データを使用していくことで、警報が出される可能性を予測できます。迅速なコンプライアンスによって顧客の満足が維持され、施設マネージャーを配置することのビジネス上の意義が高まります。

 

デスクのモニタリングをスマート化

フレックスオフィス、ホームオフィス、コワーキングスペースなどの新しいトレンドは、ワークスペース管理に影響を与えています。赤外線テクノロジーや温度センサーに基づくスマートデスクモニタリングは、オフィススペース(机や会議室)の占有率をマッピング/監視したり、これらの新しい働き方への移行を容易にしたりするうえで理想的なソリューションです。利用可能スペースの販売/賃貸/再用途化によって、占有率が高まり、不動産コストが最適化されます。

 

従業員の勤務状況をリモートから監視

Sigfox のグローバル IoT ネットワークを介してインターネットに接続されたタイムクロックを使用すると、作業現場での従業員の勤務状況をリモートから監視できます。SIM カードを使用する手間もかからず、接続されたリアルタイムの常時モニタリングにより、従業員の出入りを追跡できます。

 

顧客満足度を監視

顧客からのフィードバックは、サービスを改善し、満足度を高めるために不可欠です。「鮮度」が高いフィードバックであれば、さらに役立ちます。

顧客のフィードバックが重要な領域では、小さくカスタマイズ可能な接続されたダッシュボードまたはボタンを取り付けるだけで、フィードバックを簡単に収集できます。シンプルなカラーコードにより、顧客が管理対象エリアを離れるときに即座に応答が送られるようにできます。続いて、データをクラウドで利用して、可視化したり結果を分析したりできます。顧客の応答をさらに迅速に得るため、特定のしきい値や結果に基づくアラートをトリガーさせることも可能です。

 

Sigfox対応デバイス、および Sigfox が提供する IoT のエンドツーエンドソリューションの詳細をご確認ください。

 

ダウンロード