資産を追跡してサプライチェーンを最適化

Sigfox は、従来のトラッキングテクノロジーが抱える障壁を解消しました。資産のトラッキングのためのソリューションは、価格が手頃になり、設置と保守が簡単で世界中で利用可能になりました。トラッキングデバイスは、バッテリを交換せずに数ヵ月または数年間稼働でき、室内でも屋外でも使用できます。

 

トラッカーは、通い箱のフリートから位置データを送信するとともに、パレット、小包、トローリーなどの配送物の正確な所在地に関する貴重な情報も送信します。これによって、バリューチェーンの安全性、安心と効率化が実現します。

 

サプライチェーン全体の輸送状況を監視

医薬品や農産物などの物品は、それぞれの状態を保持するために細心の注意を払って特定の条件下で輸送する必要があります。トラッキングシステムは、温度、衝撃、傾きなどのデータを報告して、品質管理、トレーサビリティ、および責任分界点に関するより優れた知見を導きます。トラッキングにより、状態管理が重要となる物資が滞りなく完全な状態で安全に配送されます。

 

食品の安全性を向上

食品の温度のモニタリングは、食品業界の誰にとっても重要です。IoT ソリューションを活用することで、食品貯蔵施設や冷蔵トラック/コンテナの温度を正確に監視することにより、食品の安全性を確保できます。貯蔵ユニットに取り付けられた簡易デバイスは、オンラインダッシュボードにリンクされます。ダッシュボードは、温度が異常なレベルに達した場合にアラートを送信して、迅速な対応を促すように構成できます。

 

倉庫の警備を強化

Sigfox によって、ビジネスオーナーは低コストで設備の安全を確保し、警報システムの大きな弱点である信号妨害によるダウンタイムにも対処できます。ほとんどの警備システムの警報は、GSM(Global System for Mobile communication)を介して接続されます。しかし、現在は GSM ジャマーが広く市販されているため、侵入は非常に簡単です。無線テクノロジーに基づいて構築された Sigfox は妨害に強く、侵入者が信号を妨害しようとしても警報システムが確実に作動するという安心感を得られます。

 

電源も警報システムの弱点です。Sigfox のテクノロジーは、低エネルギー消費の設計になっており、接続された存在検知器をバッテリは、交換せずに数ヵ月または数年間稼働できます。

 

盗難車を迅速に回収

GSM ジャマーを使う車泥棒への対策として、Sigfox IoT トラッカーを活用できます。Sigfox が使用する無線信号は妨害できないため、車両が盗難された場合でもトラッカーは中断なく GPS 座標を送信し続けます。

Sigfox 対応トラッカーにより、保険会社は警備会社や警察と連携して、盗難に遭った車、オートバイ、貨物車、特定用途車など、どのような車両も発見して回収できます。

施設の保守と警備に IoT を活用

IoT は、エネルギーと水の消費量の監視、接続された煙探知器、HVAC の保守、漏水の検知など、スマートビル管理のための幅広いソリューションも提供します。

 

対応デバイス、および Sigfox が提供する IoT のエンドツーエンドソリューションの詳細をご確認ください。

 

ダウンロード