省エネイノベーション - 24V LDOs

オン・セミコンダクターの24VシリーズLDOリニア電圧レギュレータ

オン・セミコンダクターは、省エネ電子部品におけるイノベーションを推進しており、お客様は、当社の電源、アナログ、およびセンサ半導体ソリューションを使用して魅力的な新しいアプリケーションを開発すると同時に、エネルギー効率を向上させ、世界的なエネルギー使用を削減できます。

今日の電子部品アプリケーションの設計における最も重要な課題の1つは、消費電力を最小限に抑えることです。多くの設計およびシステムでは、全体的な電力消費を最小限に抑えるための低電力モードオプションを使用しています。それにより、システム供給電流は、スリープモードの数µAからパワーモードの10分の数mA または数百mA まで簡単に変化させることができます。低ドロップアウトリニア電圧レギュレータ(LDO)を選ぶ場合にさらに考慮すべき要因は、良好なダイナミック性能および超低自己消費電流です。

オン・セミコンダクターのNCP715、NCP716、NCP716B、およびNCP718シリーズは、最高24Vの幅広い入力電圧範囲を提供しています。この製品ファミリーは、定格50 mA、80 mA、150 mA、および300 mAであり、DFN、SOT23−5、またはSC-88Aパッケージで提供されます。超低自己消費電流、固定または調整可能な出力電圧、および追加保護機能により、さまざまなアプリケーションのとって素晴らしい選択肢となっています。

製品概要:

製品 mA 入力電圧範囲 自己消費電流  保護
NCP715 50 mA  2.5 V to 24 V 4.7 uA 典型値 サーマルシャットダウンおよび電流制限保護
NCP716   80 mA  Up to 24V 3.2 uA 典型値
NCP716B 150 mA  Up to 24V 3.2 uA 典型値
NCP718 300 mA  2.5 V to 24 V 4 µA 典型値:全温度範囲  

関連製品

NCP715: 50 mA LDO Linear Voltage Regulator

NCP715 is a very stable and accurate device with ultra-low ground current consumption (4.7 uA over the full output load range) and a wide input voltage range (up to 24 V).

Shop Now 

NCP716: 80 mA LDO Linear Voltage Regulator

The NCP716 is an ideal choice for Portable Devices with Low Standby Current Requirements.

Shop Now 

NCP716B: 150 mA LDO Linear Voltage Regulator

The regulator incorporates several protection features such as Thermal Shutdown and Current Limiting, Short Circuit Protection.

Shop Now 

NCP718: 300 mA LDO Linear Voltage Regulator

It is a very stable and accurate device with ultra−low quiescent current consumption (typ. 4 µA over the full temperature range) and a wide input voltage range (up to 24 V).

Shop Now 

Right Rail Card Dark - Transform

Display portlet menu

Transform Your Thinking with Avnet & ON Semiconductor

It’s never too late to transform your thinking around what technology solutions providers can do for you.

Learn More

Designing for IoT - RRC SHARED - no green line

Display portlet menu

Designing For IoT, the Edge

While individual power requirements vary across the IoT, the need for energy efficiency will be present everywhere.

Learn More