Internet of Things

ネットワーク接続されるモノは単純な環境センサから処理主体ノードまで、その複雑性は様々です。Microchip 社の 8/32ビット マイクロコントローラは、軽量通信スタックおよびコアから独立して動作し CPU の介入をほとんど、または全く必要としないスマートな周辺モジュールにより、これらのアプリケーションを可能にします。業界をリードする Microchip 社のeXtreme Low Power (XLP) と picoPower® テクノロジと組み合わせる事で、PIC® および AVR® MCU は Ethernet of Everything の革新を可能にします。
Microchip 社の Ethernet ソリューションは確立されたネットワーキング基盤の上に構築されており、システム性能の改善、レイテンシの削減、容易なインストールと規模拡張を実現する事に加えて、単線で電力と通信を提供する Power over Ethernet (PoE) を組み込む事もできます。

Power over Ethernet (PoE) 開発プラットフォーム

Microchip 社は単線で通信と給電が可能な PoE を使った次世代開発ハードウェアを開発しました。これにより設計の簡素化、小型化、「モノ」のインストールの簡略化が実現します。
特長
• ユニバーサル リファレンス デザインと開発プラットフォーム
• 通信と電源の業界標準インフラストラクチャ
• 最大 48 W のデバイス電力供給
• 拡張ヘッダ付きベースボード
• LEDドライバ
• ジェスチャ コントローラ
• センサ インターフェイス
• mikroBUS クリックボード
• カスタム拡張
• Cisco Digital Building Ecosystem の開発サポート

製品のお問い合わせ

製品の購入や仕様に関するお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ