アヴネットとダイバーシティ

アヴネットの考えるダイバーシティ

アヴネットは現在、ダイバーシティの理念に基づく人材雇用を積極的に推進しています。新たな企業文化の創造と世界を大きく変える革新的技術の現場に参加することは、そこで働く人にとって、大きな喜びとなるはずです。今日のアイデアから明日の技術を生み出すという、アヴネットの企業としての目標を達成するには、一人一人の従業員の可能性を最大限に引き出す必要があります。


アヴネットには、思想、経験、視点、考え方の異なる 15,000 人の従業員が在籍し、情熱を持って業務を遂行していますが、従業員の才能を正しく評価して活用しない限り、会社としての目標とミッションを達成することはできません。従業員同士がお互いを尊重し、価値観を認め合うことが、会社としてのビジネスにとってもプラスとなり、エンゲージメントレベルの向上にも役立ちます。

group of colleagues collaborating together at a table

ダイバーシティに関するアヴネット最高人事責任者の考え方

「アヴネットに在籍する従業員の経歴、言語、思想、アイデアの多様性は会社としてのダイバーシティ(多様性)にも大きく反映されており、
そのような多様性こそがアヴネットの大きな強みでもあります。そして、個性も視点も異なる従業員が協力して業務を遂行することで最大の価値が生み出されると、私達は考えています。」 

アヴネット最高人事責任者 メアリーアン・ミラー  

 

アヴネットのダイバーシティ & インクルージョンのアプローチにおいては、多様性ある人材の雇用を積極的に推進しています。そして、すべての従業員が尊敬と感謝の気持ちを持ってお互いを受け入れ、支え合い、個性を尊重しながら日々の業務を遂行できる文化を作り上げ、持続することを目指しています。これらの目標を達成するため、アヴネットでは、すべての従業員が活躍でき、地域社会にも貢献できる職場環境を構築するよう、最大限の努力を続けています。


アヴネットにとって重要なのは、従業員がそれぞれの可能性を最大限に発揮し、会社の長期的な成功にも同時に貢献できる環境を整備することです。すべてのアイデアが確実に定着する保証はありませんが、アヴネットは、思想、コラボレーション、創意の新たな方法を奨励する環境を提供することを目指しており、それは、多様な人材を社内で活用することが、外部のお客様の技術に対するニーズを十分に理解してお応えするのに役立つことになるからです。

group of colleagues collaborating together at a table

ダイバーシティに関するアヴネットの CEO の考え方

「アヴネットは、ダイバーシティの理念の元で、すべての人を尊敬し、感謝し、受け入れる企業文化を育成し、持続することを約束しています」


アヴネットが目指しているのは、従業員同士がお互いの価値観を認めながらも、不適切な行動を思いとどまらせることのできる企業文化を推進することです。この理念の証しとしてアヴネットでは、ダイバーシティプログラムを積極的に推進しています。

アヴネットCEO ビル・アメリオ

 


CEO による声明全文については、こちら(PDF:英語)を参照してください。

ダイバーシティは、才能ある従業員をアヴネットのビジネス、お客様、コミュニティに結び付ける上で不可欠な要素であると、アヴネットは考えます。
この信念の元で多様な人材を企業として受け入れることで、従業員同士がお互いの個性を尊重できる職場環境が生み出されるだけでなく、企業としての競争力が大きく向上することにもなるのです。

キャリア

アヴネットは、私たちが生きる世界と共有する未来を形づくる最新のイノベーションに対して、最前列の席を従業員のために用意しています。

詳細はこちら

アヴネットのコアバリュー

アヴネットは1921年の設立以来、優れた価値の提供を目標に掲げ、事業活動とお客様やサプライヤーと相互に協力してビジネスを行ってきました。

詳細はこちら