Sigfox Ecosystem - Hero Banner

Display portlet menu

テクノロジー

Sigfoxは、IoTの世界最大手のサービスプロバイダーです

Sigfox のグローバル LPWA(Low Power Wide Area)ネットワークは、IoT 接続に大きな変革をもたらし、センサーやデバイスのクラウドへのセキュア接続に必要なコストと消費電力の大幅な削減を可能にしました。

Sigfox グローバル IoT ネットワークは、ネットワーク接続の確立や持続を必要とすることなく、何十億ものオブジェクトのデータのブロードキャストを待機します。この独自の無線接続アプローチでは、シグナルのオーバーヘッドはなく、コンパクトな最適化されたプロトコルが利用され、オブジェクトをネットワークに接続する必要もありません。

Sigfox が提供するソフトウェアベースの通信ソリューションでは、ネットワークやコンピューティングの複雑さは、デバイスではなく、クラウドですべて管理されます。


これらの多くの優位性によって、コネクティッドデバイスの消費電力とコストが大幅に削減されます。Sigfox 独自のクラウド/デバイス間通信アプローチによって、グローバル IoT の導入で直面する、コスト、消費電力、グローバルスケーラビリティの障壁がすべて解消されます。

低エネルギー

Sigfox 無線プロトコルには、無線フレームサイズが小さく、ネットワークとの同期が不要という、大きな利点があります。電力排出レベルが低く、排出期間が短いため、オブジェクトの自律性が最大限に拡大します。 

低コスト

利用可能な電子部品が多く出回っており、バッテリー消費が少なく、ソリューションの導入や統合のコストが低いことに加えて、アヴネットの長距離かつ大容量のシンプルなネットワークインフラストラクチャを利用することによるメリットもあります。

シンプル

接続を構成する必要はなく、標準ベースのデバイスのクラウドへの統合が可能であるため、誰でも簡単に Sigfox を利用できます。

グローバル

グローバルな接続が、かつてないほど容易になりました。1 つの契約でワールドワイドのネットワークを利用でき、世界中のどこでも同じようにネットワークが機能するため、場所に関係なく、同じデバイスを利用できます。

 

Sigfox無線テクノロジーの概要

ウルトラナローバンド

Sigfox は、免許が不要で一般に利用できる 200 kHz 帯を使って、無線(地域によって、868 ~ 869 MHz または 902 〜 928 MHz)でメッセージを交換します。ウルトラナローバンド(UNB)テクノロジーを DBPSK と GFSK 変調と組み合わせて使用しており、各メッセージは 100 Hz 幅で、地域によって、100 bps または 600 bps で転送されます。
 

ウルトラナローバンド無線変調の詳細はこちら

無線周波数リソースへのランダムアクセス

デバイス/ネットワーク間の送受信は非同期です。各メッセージが 3 つの異なる周波数(周波数ホッピング)でそれぞれ 3 回ブロードキャストされ、
基地局がスペクトラムを監視して、復調する UNB 信号を検知します。

無線周波数リソースへのランダムアクセスの詳細はこちら

小容量のメッセージ

Sigfoxは、小さいメッセージを処理する、軽量のプロトコルを開発しました。メッセージの最大ペイロードは、アップリンクで 12 バイト、ダウンリンクで 8 バイトです。12 バイトのデータペイロードの場合、Sigfox フレームは合計 26 バイトを使用します。

軽量プロトコルの詳細はこちら

協調型受信

メッセージが平均で 3 つの異なる基地局によって受信される方式で無線計画が実行されます。この空間的なダイバーシティによって、近隣の基地局のいずれか 1 つでメッセージを受信する確率が高くなり、エラーが発生しないようにしています。

無線テクノロジーの詳細を参照

Sigfoxグローバルネットワークの概要

Sigfox は、スター型ネットワークアーキテクチャに基づく公共ネットワークです。セルラープロトコルとは異なり、デバイスは特定の基地局に接続されません。ブロードキャストメッセージは、範囲内の平均で 3 つの任意の基地局によって受信されます。

長距離通信

低ビットレートと単純な無線変調によって、163.3 dB の低コストのリンクが可能になり、長距離通信が実現します。

大容量ネットワーク

UNB はサイズが小さいため、運用帯域内で多数の信号を同時に処理できます。また、オブジェクトが特定の基地局に縛られることはありません。
ブロードキャストされたメッセージは、範囲内の任意の基地局(平均で 3 つ)によって受信され、メッセージの肯定応答は必要ありません。空間的なダイバーシティと無線フレーム反復の時間/周波数ダイバーシティの組み合わせによる UNB 変調によって、Sigfox の大容量ネットワークが実現します。

干渉への高い耐性

UNB 本来の耐久性と基地局の空間ダイバーシティの組み合わせによって、高い耐ジャミング能力が保証されます。UNB は、他の拡散スペクトラム信号が存在する環境においても非常に安定しており、公共の ISM 帯域での動作に最適な選択肢です。

カバレッジをチェックして最寄りのSigfox業者を検索

Sigfox で動作する IoT デバイスの開発

Sigfox は、開発者やエンジニアが最初に取り組む接続として最も簡単なタイプの1つです。このプロトコルは、わずか数行のコードで Sigfox メッセージの送信を開始できるように設計されており、Sigfox Cloud から、すべてのプロジェクトを数分でインターネットに接続できます。

Sigfoxで最初のメッセージ送信を開始する方法はこちら

Sigfox は、IoT デバイスメーカーやソリューションプロバイダー向けのハブを提供しています。build.sigfox.com から、IoT 開発者が利用できる最新のガイドライン、再利用可能な設計、技術的な助言、ツールやサービスにアクセスできます。Sigfox Build から Sigfox 対応デバイスの証明書を要求することもできます。


Sigfox は、Sigfox デバイスを開発するためのソリューションを提供しており、Sigfox ネットワークエミュレータソフトウェアを利用してどこからでもアクセスできます。Sigfox ネットワークとクラウドのメイン機能(コールバック)のエミュレーションによって、IoT アプリケーションの開発が容易になり、デバイス本体からアプリケーションに接続して、デバイスからの送信データを処理できるようになります。これは、デバイスやソリューションのメーカーが開発やテストをスピードアップする最も簡単な方法であり、ネットワークカバレッジがない場所でも、Sigfox 無線構成(RC)だけですべて動作します。


Sigfox ネットワークエミュレータは、Sigfox アクセスポイントをエミュレートする、強力かつ構成可能な無線レシーバー/トランスミッターである、Sigfox SDR Dongle ハードウェアプラットフォームで動作します。

Sigfoxネットワークエミュレーターの詳細はこちら

以下の条件を満足するには、Sigfox ネットワークで通信するすべてのデバイスが Sigfox Ready 認定を取得する必要があります。

  • デバイスが Sigfox 接続に統合され、十分なパフォーマンスレベルが保証される。
  • 各デバイスが Sigfox 無線仕様(伝導および放射)に適合することで、Sigfox ネットワークで高い QoS(Quality of Service)が維持される。

Sigfox認定の詳細はこちら

Sigfoxのコスト効率に優れたジオロケーションサービス

Sigfoxは接続サービスだけでなく、GPS を装備しない最も単純な Sigfox 認定モジュールを搭載したすべてのデバイス向けに、低エネルギーかつ低価格のロケーションサービスも提供しています。特定のハードウェアにアップグレードしたり、ソフトウェアをアップデートしたりする必要はありません。Sigfox は、ネットワークが展開されているすべてのエリアで、現在および将来のすべてのデバイスを対象とするロケーションサービスを提供します。Sigfox Atlas は、メートル単位の高精度が必要とされないユースケースに最適であり、たとえば、複雑なサプライチェーンで移動する品物を追跡するなどのユースケースが考えられます。

Sigfoxのジオロケーションサービスの詳細はこちら