Ultra96を使ったMPSoCソフトウェア開発入門

07 Oct 2019 - 17 Oct 2019

東京・大阪


使用ボード

  • Avnet Ultra96

 

使用ツール

  • Vivado 2018.3
  • SDK 2018.3

 

対象

  • これまでに Zynq UltraScale+ MPSoC 以外の組み込みソフトウェア開発経験がありMPSoCに興味のある方
  • これから Zynq UltraScale+ MPSoC ソフトウェア開発を始めたいと考えている方
  • Zynq UltraScale+ MPSoCデバイスで作成したシステムががどのようにブート・動作するのかを知りたい方
  • Zynq UltraScale+ MPSoC のソフトウェア設計方法・開発フローについて知りたい方
  • Zynq UltraScale+ MPSoC のソフトウェア開発フローを体験したい方​

  *本トレーニングは、これからMPSoCソフトウェアの作成を考えられている初心者の方を対象としています。

 

コース内容

  • 時間:10:00-18:00 (終了時刻は予定)
     
  • このコースでは、ザイリンクスソフトウェア開発キット(SDK)の基本的な操作について学びます。構築済みのハードウェアプラットフォームを使用して、SDK環境を使用して、Ultra96 / Ultra96-V2ボード用のいくつかの基本的なサンプルCコードでアプリケーションを開発する方法を学習します。
  • 以下に、概要を示します。
    • ザイリンクス開発ツールSDKの概要理解
    • SDK環境にハードウェアの情報を取り込む方法
    • 実行とデバッグのためにSDKをハードウェアに接続する方法
    • ソフトウェアのリアルタイム応答を実現するためのペリフェラル割り込みの使い方
    • 外部センサーモジュールの基本的な使用方法

 

講義:

  • 第1章 Zynq MPSoCシステムアーキテクチャの基礎
  • 第2章 Xilinx SDK 概要
  • 第3章 StandaloneBoard Support Package
  • 第4章 アプリケーションの開発
  • 第5章 ハードウェアへの接続とデバッグ
  • 第6章 First Stage Boot Loader
  • 第7章 SDカードでの起動
  • 第8章 SDK プロジェクト管理
  • 第9章 割込み
  • 第10章 Xilinxライブラリ
  • 第11章 センサとのインタフェース
  • 第12章 次のステップ
  • 各章に対応した演習の実施

 

受講費用

  • 有料:2TC (特価 期間限定:2020年3月開催分まで)
       4TC (定価 通常価格:2020年4月開催分より)

 

参加条件

  以下いずれかの条件にあてはまる方

  • これまでに Zynq UltraScale+ MPSoC 以外の組み込みソフトウェア開発経験のある方
  • 基本的な組み込みソフトウェアの開発手順を知っている方
  • 組み込みシステムの開発経験のある方
  • CPU に関する基本的な知識をお持ちの方で、ソフトウェアの開発手順をご存知の方

 

開催予定

  東京 大阪
2019年9月 6日(金) 受付終了    12日(木) 受付終了   
2019年10月 17日(木)         7日(月)        

 

本トレーニングコースの受講をご希望の方は、専用のフォームよりお申し込みください。コース受講の可否については、原則として1営業日以内にメールでご連絡いたします。ただし、17時以降のお申込みにいては、翌営業日のお申込みとしてお取り扱いさせていただきます。

 

お問い合わせ

本トレーニングに関するお問い合わせはこちらから
 

受講申込

RELATED EVENTS

データセンター・アクセラレーション・セミナー

10 Oct 2019 - 10 Oct 2019
東京

FPGAが切り拓く次世代コンピューティング&データセンター・・・データセンターに日々集められる膨大なデータをいかに迅速に分析し、新たな事業価値に変えていくか? 企業に突き付けられた課題を解決する切り札として注目されるFPGAを、活用事例とともにご紹介します。

Ultra96を使ったMPSoC用Linux入門

08 Oct 2019 - 18 Oct 2019
東京・大阪

このコースでは、仮想マシン内で実行されているUbuntu OS内から、Xilinx社が提供しているLinuxビルドツールであるPetaLinuxのインストール方法と、Ultra96またはUltra96-V2をターゲットにした組み込みLinuxの構築方法を学びます。演習では、YoctoおよびPetaLinuxツールについて学び、独自のFPGAハードウェアデザインをインポートし、ユーザーアプリケーションを組み込み、PetaLinuxの構成/カスタマイズを行います。

Ultra96を使ったMPSoCハードウェア開発入門

15 Oct 2019 - 25 Oct 2019
東京・大阪

FPGA開発ツールであるVivadoは、クロック、メモリインターフェイス、ペリフェラルなどの各種システムパラメーターの設定およびデバイス内部のFPGAブロック(Programable Logic)でカスタムハードウェアを開発するためにも使用され、そのための基本操作も説明します。