GUI開発はNXP社i.MXRT1050で簡単作成!

 

高性能、低価格の最新MCU i.MX RT1050

今回はNXP社のハイパフォーマンスMCU, i.MX RTシリーズとCrank社のSTORYBOARD SUITEを使用したGUI開発をご紹介いたします。

今回使用するIMXRT1050-EVKBは、i.MX RT1050の評価ボードの一種になります。i.MX RTシリーズはMCUとProcessorの間に位置する新しい製品群で、ARM Cortex-M7を搭載しており、また多岐にわたるペリフェラルを持っているのが特徴です。このため通常の制御や演算処理以外にも動画の処理や音声処理なども可能としております。

 

i.MX RTシリーズの紹介

i.MX.RTシリーズは種類が豊富で下記のように幅広いラインナップがございます。

Key Features
8/16-bit interface for SDRAM, SRAM, NOR and NAND, SD3.0/eMMC4.5x2, QSPI/HyperBus, Ethernet, CAN, Security, UART/SPI/I2C, I2S/SPDIF/ASRC, ADC, ACMP/DAC, GP Timer/WDOG, ACMP/DAC.
Product CPU DSP Core Package Memory 2D acceleration LCD CSI USB with PHY Ethernet CAN Quad ENC / Quad Timer / FlexPWM
i.MX
RT1064
Cortex-M7 - 196 BGA 4MB Flash PxP 8/16/24-bit 8/10/16-bit OTG, HS/FS x2 2x 10/100 2x FlexCAN 2004/4/4
  @600 MHz     1MB SRAM   Parallel Parallel     1x CANFD  
        32KB I-cache              
        32KB D-cache              
i.MX
RT1060
Cortex-M7 - 196 BGA 1MB SRAM PxP 8/16/24-bit 8/10/16-bit OTG, HS/FS x2 2x 10/100 2x FlexCAN 2004/4/4
  @600 MHz     32KB I-cache   Parallel Parallel     1x CANFD  
        32KB D-cache              
i.MX
RT1050
Cortex-M7 - 196 BGA 512KB SRAM PxP 8/16/24-bit 8/10/16-bit OTG, HS/FS x2 1x 10/100 2x FlexCAN 2004/4/4
  @600 MHz     32KB I-cache   Parallel Parallel     1x CANFD  
        32KB D-cache              
i.MX
RT1020
Cortex-M7 - 100 LQFP 256KB SRAM - - - OTG, HS/FS x1 1x 10/100 2x FlexCAN 2002/2/2
  @500 MHz   144 LQFP 16KB I-cache           1x CANFD  
        16KB D-cache              
i.MX
RT1015
Cortex-M7 - 100 LQFP 128KB SRAM - - - OTG, HS/FS x1 - - 2001/1/1
  @500 MHz     16KB I-cache           1x CANFD  
        16KB D-cache              

 

 

今回使用しているMIMXRT1050-EVKスペックの紹介

【スペック図】

 

画像処理性能の確認

次にリッチGUIソフトウェアのCrankをご紹介します。

i.MX RT1050は処理速度が速く、動画の処理など行うことも可能です。下図はタッチパネルで操作を行っている画面になります。実際どれだけスムーズに動いているかは一番上の動画をご確認ください。

 

NXPが提供している統合開発環境ツールについて

最後に開発環境ツールについて少し紹介をさせていただきます。

下記はNXPが提供しているIDEソフトウェアツールになります。こちらの特徴は各設定ツールを使用し、直感的な操作設計を可能にしているところです。クロック設定ツールは本来プログラムを組むところですが、開発者がクロック経路や、クロック速度を画面上で直接組むことが可能です。IO設定ツールは使用したいピンを直接選び、対応したい項目を選ぶだけで、簡単に使えるようになります。

NXP

IMXRT1050-EVKB

i.MX RT1050クロスオーバープロセッサは、Arm®Cortex®-M7コアの高度な実装が特徴です。最高600MHzの速度で動作し、高いCPUパフォーマンスと最高のリアルタイム応答を提供します。

NXP

MIMXRT1020-EVK

Arm Cortex-M7コア, 500MHz動作で高CPUパフォーマンスと最高のリアルタイム応答を提供するi.MXRT1020評価キット

NXP

RK043FN02H-CT

i.MXRT評価キットに簡単接続可能な静電容量式タッチLCDディスプレイモジュール

NXP

MIMXRT1060-EVK

Arm Cortex-M7コア,600MHz動作で高CPUパフォーマンスと最高のリアルタイム応答を提供するi.MXRT1060評価キット