Micro USBに終わりを告げる時!

Display portlet menu

Micro USBに終わりを告げる時!

Display portlet menu

Micro USBに終わりを告げる時!

USB 3.0のコネクタ

USB Type-C + Power Delivery 3.0は、3Cとモバイル機器の充電を統合

Appleが MacBookでType-Cの使用を開始して以来、大手メーカーは、自社の製品でUSB Type-C を採用してきました。またType-Cは、最大のマーケットシェアを持つスマートフォンであるAndroidフォンでも使い始められています。さらに、iPhoneは2019年にType-Cへ切り替えるとの噂もあります。概して言うと、Type-CがiOS、Android、およびPCのユニバーサル・インターフェイスとなる可能性が高いです。

Type-Cの最大の利点は、その統合能力です。表裏の差し込みミス(Micro USB ユーザーで頻繁における問題)がないことに加え、Type-Cは充電中に統合PD(Power Delivery)を提供できます。

 PDをサポートしていない既存のType-Cデバイスは、他の類似製品と比較して競争の優位性がありません。PDをサポートしていない単一インターフェースが市場で採用される可能性はありません。これが本記事の主題です。
現在の技術は、過去のUSB電池充電 (BC) 機能と比較して、より高い電圧と下位互換性をサポートしています。最新版のUSB PD 3.0は、新たに追加されたPPS(プログラマブル・パワー・サプライ) 機能を搭載しているため、さまざまなメーカーの急送充電規格と互換性があり、最大QC 4.0までサポートしています。 

USB PDアプリケーションにおける市場の傾向

通常、消費者は少なくとも2台の電子機器を使用および携帯しており、それぞれ充電器が異なります。たとえば、スマートフォン、タブレットPC、モバイルバッテリー、およびノートPCです。PD技術を使用した充電器は、PD技術対応のスイッチを使用して、1台の電子機器から別の機器へ充電したり電力補充したりできます。

また、最新のPD 3.0技術は、異なるメーカーの製品の統合を妨げる壁となっていたPD 2.0急送充電規格の互換性欠如の問題も解決しています。PD 3.0は低電圧と高電圧をサポートしており、電流はほぼ同じです。したがって、このPD版には同時に2つの急送充電技術と互換性があり、Qualcomm QCの高電圧・低電流の特徴と VOOCの低電圧・高電流の特徴を兼ね備えています。

このキーチェンジにより、市場で採用されているほぼすべての主な急送充電規格を、PPSを介して統合できるため、Type-Cが充電市場において唯一のインターフェースとなる可能性がさらに高まります。2019年は、さまざまな急送充電規格の競争が最終的に決着する年となりそうです。消費者は、ようやく、すべての機器で共通の充電器を使用できる便利さを期待できるようになりました。

アヴネットは、世界トップクラスの技術提供会社として、主要な半導体メーカー、ソリューション・プロバイダ、スマート機器メーカー、クラウドサービス・プラットフォーム、および消費者を結集させつつあります。また当社は、急速充電市場向けの包括的なエコスステムを構築するためにリソースを統合させています。さらにアヴネットの設計サービス部門は、回路設計に従事する顧客の基準としてさまざまなPD設計を開発すると同時に、顧客の商品化の時間短縮を支援しています。

 

Micro USBに終わりを告げる時!

Display portlet menu

Micro USBに終わりを告げる時!

Display portlet menu
Related Articles
佇む電気自動車
バッテリーマネジメントシステムの大切さ
October 2, 2018
国際エネルギー機関(IEA)によると、電気自動車(EV)の数は、2016年に世界で200万台に達しました。さらに、EV市場は、2020年までに900~2000万台、2015年までに4000~9000万台に増加する見込

Micro USBに終わりを告げる時!

Display portlet menu
Related Events
No related Events found