生体認証、主要6技術の概要

Display portlet menu

生体認証、主要6技術の概要

Display portlet menu

生体認証、主要6技術の概要

感じる手

今はどの技術にとって「最高の時代」なのか

「最高の時代」とは、生体認証市場の加速的成長を指します。調査データによれば、2016年に150億ドル規模だった世界の生体認証市場は、15.3%の複合年間成長率で拡大し、2021年には305億ドルに達するとみられます。こうした急成長の中では、どのような技術にも輝くチャンスがあります。
「最悪の時代」とは、生体認証技術に対する関心が高まるにつれ、競争も激化するということです。昨日のブルーオーシャンが今日はレッドオーシャンかもしれません。一歩をためらっているうちに、より優秀な人々や成功した人々の陰に取り残されてしまう可能性があるため、あらゆる技術をできる限り迅速に商業化しなければなりません。

図1 世界の生体認証市場の規模(出所:Forward Business and Intelligence Co., Ltd.)

 

こうした背景を踏まえ、技術および市場の観点から6大生体認証技術の商業的な未来について概説したいと思います。

 

指紋認証

指先の皮膚に刻まれた模様を識別するための特徴を比較する技術であり、最も古くから開発されてきた生体認証技術です。さまざまな生体認証技術がある中、指紋認証は、赤外線、容量、無線周波数による指紋採取等、多数の再構成を経て、完全に理解されているといってよいでしょう。高度な商用ソリューションに容易に利用でき、対象となるアプリケーションに自由に組み込むことができます。

市場に関しては、iPhone 5sの個人認証システムに組み込まれて以来、指紋認証技術は急成長し、生体認証市場全体の発展を促しています。指紋認証は将来、スマートロックや車両アクセス等、多様化する製品の「標準」仕様となるとみられるため、市場全体に引き続き一定の成長が見込まれます。その他の生体認証技術が登場しても、指紋は50%超の市場シェアを維持すると予想されます。

 

顔認証

人間の顔の特徴を識別するこの認証技術は、現在最も勢いのある生体認証技術です。特にiPhone XにFace ID技術が搭載されて以来、顔認証アプリケーションが次々に登場していますが、成功の度合いには大きなばらつきがあります。
その他の技術に比べ、顔認証は迅速かつ正確です。また、非接触式で認識するため、「異物」に接触することによる不快感もありません。そのため、受け入れられやすい技術です。現在のところ、顔認証の最大の商業的課題は、技術の高度化が必要であるということです。ハードウェアとソフトウェアのいずれも、開発には特にFace IDのような「奥行き」の高精度3D認識に関する豊富な専門技術が必要になります。 顔認証には予算がかかり、指紋認証のように近い将来さまざまなソリューションに応用できるというものではありません。しかし、携帯電話をはじめとする消費者向け製品での「タッチダウン」に続き、これからの開発が楽しみな技術です。

図2 生体認証の一般的な技術手順(出所:インターネット)

 

虹彩認証

人間の虹彩には生涯にわたってほとんど変化することのない複雑な模様があり、赤外線を照射するとその模様を読み取ることができることが明らかになったのをきっかけに、虹彩認証は生体認証の重要な手法となりました。虹彩は指紋や顔の特徴よりもはるかに独特であり、虹彩認証は一般的にこれまでで最も精度の高い生体認証であるといわれています。偽造が困難であること、使い勝手に優れていること、非接触式であることが虹彩認証の主な利点です。こうした理由から、インド、メキシコ、インドネシア等の国では虹彩認証を国民IDに取り入れています。サムスンのフラッグシップモデルであるNote7、S8、S8+でも、特徴的な機能の1つとして虹彩認証が採用されています。
しかし、ユーザーの受け入れに関しては、重要な器官のわずかな部分のみをサンプリングすることや目に赤外線や可視光線を照射しなければならないことが大きく影響しています。虹彩認証の商用化に向けた致命的な欠点の1つとして総費用の低減があまり見込めないことがあり、用途は範囲も規模も限られるとみられます。

 

音声認証

その他の生体認証が特定の画像の特徴を取得し、それを登録されている特徴と比較するのに対し、音声認証は人間が発する声のさまざまな特徴を取得し、音波グラフを生成します。音声認証も接触の必要がなく、収集が容易で遠隔でも取得可能です。ハードウェアを入手しやすいことも生体認証市場における音声認証の魅力となっています。音声認証は今はすっかり定着し、指紋認証に次ぐ第2位の市場シェアを占めています。
しかし、当然ながら音声認証は話すスピードや口調の変化に特に弱く、また偽造も難しくありません。こうした欠点により、音声認証はほとんどの場合、精度と安全性を高めるためにその他の(生体)認証技術を補完する形で用いられています。

 

静脈認証

人間の赤血球には赤外線を吸収する能力があるため、(通常は手の)静脈に特定の波長の光を当てることにより、血管の画像を生成できます。静脈の構造は一人ひとり異なるため、その画像を認証に用いることができるのです。静脈認証は、主に2つの特徴から、上記の生体認証技術とは一線を画します。1つ目は、画像は表示することができず、したがってそれを入手し、偽造することができないということ、2つ目は、静脈認証は血液が流れている場合のみ機能するので、生命を認識する技術でもあるということです。したがって、静脈認証は、後述する網膜認証と合わせて「次世代」の生体認証技術といわれています。
こうした特徴を持つ静脈認証には、生体情報を収集するための高度な手法と装置が必要になるため、商業用途に関しては、安全な支払い、ATMでの引き出し、年金給付等、高い信頼性が求められる金融および保険関連の利用が考えられます。幅広い商業用途への拡大には時間がかかるでしょう。

 

網膜認証

弱い赤外線で網膜をスキャンし、生体情報を読み取る手法です。網膜は体内に「隠されている」ため、偽造が困難な安定した生体的特徴を有します。しかし、この技術はまだ十分に検証されておらず、生体情報を収集する過程でユーザーに身体的な損害が引き起こされないことを示すさらなる証拠を確認する必要があります。したがって、利用可能な技術の中で本格的な商業化が最も遠いのがこの技術です。とはいえ、将来的に特定の場面での用途が見込まれるため、研究する価値はあります。
今後3~5年も市場の主流は依然として指紋、顔、音声認証であり、それら3つの競争はますます激化するとみられます。しかし、特に新たな用途の出現が幅広い生体認証技術に商機をもたらすにつれ、市場も徐々に多様化していくでしょう。ただし、それぞれの技術にとって未来が「最高の時代」になるかどうかは、企業が今、それらの技術にどのくらいの努力を払う意欲があるかにかかっています。

図3 世界の生体認証市場の構成(出所:Forward Business and Intelligence Co., Ltd.)

生体認証、主要6技術の概要

Display portlet menu

生体認証、主要6技術の概要

Display portlet menu
Related Articles
IoTの中心にあるのは、しっかりとした「鍵」
IoTデバイスの安全性を決定するのは誰でしょうか?
January 9, 2020
IoTは世界中で拡大し続けています。2020年までに世界で数百億個のデバイスがネットワークに接続されるというのが大方の見解です。35年までに数兆個に達するという予測さえあります。
人の指とロボットの指がスクリーンを介して接触
「感じる」ことができるタッチ画面を作る方法
November 17, 2019
スマートフォンの普及により、タッチ画面が現代の生活に入り込んで10年以上経過しました。タッチ画面がHMIの革命の起点となったと言っても過言ではありません。
エッジに触れる指のイメージ
AI搭載エッジデバイスの最新事例
September 9, 2019
人工知能(AI)は、遠い世界のものと感じるかもしれませんが、私たちの多くは、音声をテキスト化するバーチャルサポートやスマートフォンの指紋認証などのアプリケーションを毎
スピーカーの写真
スマートスピーカー市場の熱は冷めるのでしょうか?
July 9, 2019
様々な利用シーンを紹介するテレビCMを通じて、スマートスピーカーは広く認知される製品になってきました。電通デジタルが今年発表した調査レポートによると、日本におけるスマ
ハンマーとドライバーでプリント基板に作業する人
IoTの秘伝のソースであるアナログを無視しない
May 19, 2019
クラウドでソフトウェアを稼働するパワーサーバーから、インテリジェント化が進む工場、家庭、および個人携帯端末のエッジで作動するデバイスまで、IoTにおけるイノベーションの
目の写真と産業用ロボットの写真
スマート製造に本当に必要な「目」とは?
May 12, 2019
インダストリー4.0への移行に伴い、かつて私たちが慣れ親しんだ工場や製造ラインは新たなテクノロジーの実験場と化しています。製造効率の向上に向けて製造の情報化およびインテ
2本のロボットアーム
インダストリアルIoTのデザイン設計時間を短縮する
April 23, 2019
インダストリアルIoTのイノベーションがもつ大きな可能性は、生産性の大幅な向上、効率的なオペレーション、最終的な収益増を約束しますが、それは信頼性、安定性および長期持続
IoTを構成する様々な技術
エッジのインテリジェンスな動きとしてのIoTデザイン
April 23, 2019
インターネットには、膨大なデータセンターから単一目的のセンサーなど、すべてが内包されている一方で、IoT全体でみると、個々に必要な電力は異なり、 電力効率に対するニーズはす
IoTのアイコンがかかれた球を握る手の写真
IoT(モノのインターネット)の「モノ」を再考する
April 7, 2019
ガートナーによると、一般的なCIOは、2023年までに、2018年に比べ3倍以上のネットワーク端末に責任を持つようになると予測されています。IoTの将来への影響に対する私たちの共通的な
自動飛行するドローン
マシンビジョン市場は爆発的な成長を遂げることになるか?
February 7, 2019
世界のマシンビジョン市場は、今も着実な高度成長の段階にあります。BBCリサーチが発表した予測によると、世界のマシンビジョン市場は2018年に約160憶ドルで、年平均成長率9.2%、2023

生体認証、主要6技術の概要

Display portlet menu
Related Events
No related Events found