エッジのインテリジェンスな動きとしてのIoTデザイン

Display portlet menu

エッジのインテリジェンスな動きとしてのIoTデザイン

IoTを構成する様々な技術

インターネットには、膨大なデータセンターから単一目的のセンサーなど、すべてが内包されている一方で、IoT全体でみると、個々に必要な電力は異なり、 電力効率に対するニーズはすべてにおいて存在します。

IoTインテリジェンスへの拡大

IoTは、ローデータソースの広がりから、処理された情報に焦点を当てた事例まで、進化を遂げつつあります。インテリジェンスをエッジに持たせることは、省電力・短い待ち時間でさらなるパフォーマンスを得ることへの需要に繋がります。この理解に立ち、デザイナーや製造者が、超低電力なソリューションをサポートするために必要とされるソリューションの開発・提供をすることは、ネットワーク中にバッテリーを必要としないデザインを可能としながら、それぞれが価値のあるそして実行可能なインテリジェンスを生み出すことになります。

すでに何十億という常時接続のデバイスが存在し、常に広範なネットワークシステムでデータの生成・送信を行い、クラウドベースのサーバーにデータを入力し、ビックデータに貢献しています。電力効率はすべての連結点で関連がありますが、電力への依存を低減させることの将来性は、現在エッジにおいて現実のものとなっています。

IoTスマートセンサーがバッテリーにより電力を供給されている場合、総所有コスト(Total cost of ownership)は、購入・設置の費用をはるかに上回ります。バッテリーの交替が必要な場合はいつも、オーナーやオペレーターが、現場への訪問の費用を負担します。これはメンテナンスとしてスケジュールすることが多くの場合可能ですが、バッテリー電力が、所定の現場訪問の間に、故障するということが常に見られます。何十億というバッテリーの製造・交換のための環境コストは、このような理由から重大であることからも、超低電力ソリューション開発に対する関心は高まりつつあります。

このような大いに重要な開発は、ON Semiconductorの革命的なRSL10 Bluetooth 5/Bluetooth Low Energy System-on-Chip(SoC)およびSystem-in-Package(SiP)などの技術により可能となりました。RSL10は、現在利用可能な、業界で最も電力消費が低いBluetoothソリューションであるだけではなく、最高のEEMBC ULPMark SoCでもあります。このような低電力と高いパフォーマンスの組み合わせは、Bluetooth上でのデータ送信のための、超低電力あるいはバッテリーなしのデザインを開発する場合に、RSL10の製造業者に競争上のエッジを与えます。[PM1] 。  

IoTでは、特に超低電力センサーで、エナジーハーベスティングがさらに成長

過去においては、エナジーハーベスティングにより意味のあるコミュニケーションを達成することは挑戦でありましたが、絶え間ないイノベーションにより、開発者は、現在、エナジーハーベスティングにより得られた電力によりすべてがオペレーション可能な、完全なワイヤレスセンサーレファレンスデザインへアクセスできます。

これと同じアプローチは、太陽[PM2] 運動や気温差から得られる電力を使うスマートセンサーのデザインに使うことができます。電力の消費が極めて低い最新のデバイスが、これを可能とするのであり、IoT全体で、超長期のバッテリー寿命あるいはバッテリーなしのスマートセンサーが可能となります。

IoTにおいてセンシング、コネクション、アクチュエーションを可能とする技術

私たちは、常にセンサーを通じて世界を解釈してきました。トランスデューサー(変換器)は情報をある形態から、別の形態に変換します。わたしたちの五感はまさにトランスデューサーそのものであり、非常に高度な解決法をサポートし、私たちの知る最も集約的なプロセッサーに支えられています。センサーをIoTの目や耳とするならば、アクチュエータは筋肉です。状況を感じ、適切に解釈し、結果に基づき対応する能力は、実質的にはIoTにより提供される価値提案です。

IoTのセンシング、コネクション、アクションの方法数は、日々拡大しています。センシング技術の進化は本当に驚異的であり、新たな、刺激的な応用により提供される機会により拍車がかけられています。例えば、 オン・セミコンダクターの拡大イメージセンサーポートフォリオは、IoTにおいてビジョンベースのエンドポイントを可能にしています。先進の特性を統合して、広範なソリューション、ダイナミックな範囲、シャッター技術をカバーすることであらゆるアプリケーションに対応しています。

IoTは、「技術はどのように使われるべきか」という伝統的な考えには従いません。ますますデータ中心になり、開発者には新たなプレッシャーが与えられています。データはセンサーから始まるのですが、すぐにクラウドに移行します。その結果、現在では、すべてのプロセスで製造業者をサポートすることはさらに重要性を増しています。アヴネットは、IoTをアプリケーションにどのように役立てるかについての助言から、適切なソリューションのデザインまでをカバーし、さらに、顧客が求める洞察を含めたクラウドサービスも提供内容に加えています。そしてセキュアな接続が確保されています。

ワイヤレスおよび有線接続は、IoTの基本であり、エンドポイントの差別化に継続して関わります。IoT ノードへの接続に‘誤った方法’はありません。すべては、アプリケーション次第です。これをサポートするためには、2.4GHz/Sub-GHzバンドのRF 実行やBluetooth、 Zigbee and Sigfoxなどを含めてすべてのメジャーなソリューションをカバーする製品ポートフォリオが必要となります。アプリケーションで有線接続が行われており、USBは引き続き選ばれています。このポジションはUSB Type Cの出現により、より強化されています。

アクチュエーションは、オートメーションの基本要素であり、直流電圧からドライブモーターまで、電力アプリケーションの制御につねに関与しています。電力制御の分野は、効率と同義語であり、IoTの拡大とともに、すべての点でより高い効率性を提供するためにその重要性がましつつあります。オン・セミコンダクターのMOSFETsポートフォリオ、IGBTsおよび中継ドライバーと、電力変換と電力管理の専門性を合わせることが、キーとなる「強み」を生み出し、IoTのニーズに取り組むための発展へとつながるのです。

プラットフォームを通じたプレッシャーの軽減

推測はさまざまあるが、IoTは、今後数年以内に何十億ものデバイスを構成していると予想されている。しかし、おそらくより重要なのは、IoTにより生成されるデータにより生み出される収益は、実施のコストをはるかに上回るということです。

しかし、このような明確な潜在性があるにもかかわらず、業界内は活発ではない。これは、新たな技術を採用したがらないということではなく、仕事の仕方を変えることに対する抵抗です。アヴネットとオン・セミコンダクターは、IoTの真の潜在性を実現するためには、この課題を解決しなければならないと考えています。

わたしたちは、もはや「井の中の蛙」のように孤立したままビジネスを続けることはできないのです。すべてのノードがより大きなシステムの一部であるように、IoTは多くの専門分野にわたり、また組織内の複数のグループに関わっています。わたしたちは、積極的にソリューションの開発を行い、エンジニアがデザインをより効果的にできるようにします。 

Internet of Things Developmentキット(IDK)は、オン・セミコンダクターのIoTエンドポイントのための迅速な開発およびプロトタイピング用のプラットフォームです。このキットには、センサーを備えている様々な範囲のモジュール、アクチュエータ-、接続ソリューションが含まれています。コンパクトな、 RSL10を備えたノード・トゥ・クラウド・マルチセンサープラットフォームおよび十数のセンサーは、ウェアラブルやアセットモニタリングなどの複数の用途のベースとなります。

データの洞察化

IoTはすでにプロトコルの「るつぼ」であり、今後もその度合いを増し続けるでしょう。ゲートウェイは、この「るつぼ」をまとめる1つの方法を提供すると思いますが、クラウドリソースはより高いレベルの柔軟性およびパフォーマンスを提供する可能性があります。これが、アヴネットが提供するIoTConnectのようなプラットフォームが、オペレーションおよび情報技術の間に収束をもたらす点です。いかなる数の‘モノ’についても接続する能力が提供され、リモートアクセス、リアルタイムモニタリング、さらに全く異なるシステム間でのデータの移動をサポ-トします。

機会は大きく、その規模は増す一方である

IoT市場は、エンドツーエンドのコネクティビティにたいして、低電力、データセントリックなアプローチを提供する会社により定義付けされています。数百万のデバイスは既に接続がなされていますが、さらに何十億のデバイスについてはデザインはなされておらず、IoTには今後も長く成長の余地があります。刺激的ではあるものの、チャレンジングなこの機会に関わることを期待している製造業者は、競争面での差別化を可能とするために、すべての分野において専門的技術を取り入れることで、自らのデザインリソースに真の価値を加えることができるパートナーを探すべきです。 アヴネットとオン・セミコンダクターと共に取り組むことで、すべての製造業者は、市場によりすばやく到達するために必要なリソース、専門技術ソリューションを手に入れることができます。

アヴネットとオン・セミコンダクターが、コンセプトから製品のリリースへとつなげるためにデザインした多くのリソースを駆使して、どのようにしてIoTアプリケーションを機能させるかについての理解をさらに深めてください。

エッジのインテリジェンスな動きとしてのIoTデザイン

Display portlet menu

エッジのインテリジェンスな動きとしてのIoTデザイン

Display portlet menu
Related Articles
エッジに触れる指のイメージ
AI搭載エッジデバイスの最新事例
September 9, 2019
人工知能(AI)は、遠い世界のものと感じるかもしれませんが、私たちの多くは、音声をテキスト化するバーチャルサポートやスマートフォンの指紋認証などのアプリケーションを毎
ハンマーとドライバーでプリント基板に作業する人
IoTの秘伝のソースであるアナログを無視しない
May 19, 2019
クラウドでソフトウェアを稼働するパワーサーバーから、インテリジェント化が進む工場、家庭、および個人携帯端末のエッジで作動するデバイスまで、IoTにおけるイノベーションの
目の写真と産業用ロボットの写真
スマート製造に本当に必要な「目」とは?
May 12, 2019
インダストリー4.0への移行に伴い、かつて私たちが慣れ親しんだ工場や製造ラインは新たなテクノロジーの実験場と化しています。製造効率の向上に向けて製造の情報化およびインテ
IoTのアイコンがかかれた球を握る手の写真
IoT(モノのインターネット)の「モノ」を再考する
April 7, 2019
ガートナーによると、一般的なCIOは、2023年までに、2018年に比べ3倍以上のネットワーク端末に責任を持つようになると予測されています。IoTの将来への影響に対する私たちの共通的な
感じる手
生体認証、主要6技術の概要
November 12, 2018
「最高の時代」とは、生体認証市場の加速的成長を指します。調査データによれば、2016年に150億ドル規模だった世界の生体認証市場は、15.3%の複合年間成長率で拡大し、2021年には305

エッジのインテリジェンスな動きとしてのIoTデザイン

Display portlet menu
Related Events
No related Events found