オン・セミコンダクターの柔軟性の高いIoT開発キットでつながってください

オン・セミコンダクターの柔軟性の高いIoT開発キットは、設計を効率化して商品化の期間を短縮するソリューションを提供します。

オン・セミコンダクターのIoT開発キット(IDK)は、産業用IoT、スマートシティ/ビル、および健康管理アプリケーション向けの構成可能な高速プロトタイピング・プラットフォームを提供します。

主な機能

  • センサ、接続、およびアクチュエータデバイスの包括的なポートフォリオ
  • 各デバイスの個別API
  • 複数のアプリケーションに適合させた複雑なCコードの例
  • 統合開発環境
  • システムハードウェアおよびソフトウェア設計の包括的マニュアル
  • クラウドソフトウェア
  • 使いやすいため、コンセプトを素早く生産に実現

ON Semiconductor IoT Development Kit

B-IDKの主な機能:

  • 業界最低電力のBluetooth 5無線
    • 62.5 nWのディープスリープ
    • 7 mWのピーク受信
  • クラウド接続をサポートする構成可能なモバイルアプリケーション
    • AWS、Azure、Bluemix、またはカスタムのクラウドサービスとの互換性
  • すぐに使えるサンプルコード
  • 他のIoT開発キットのシールドボードへの接続が簡単
    • 検知(近接、動作、接触)および制御(デュアルLED、ステッピング・モーター、ブラシレスDC)向けの包括的オプション

関連製品

IoT Development Kit Base Board (with WiFi and LCD) Evaluation Board

Part Number: BB-GEVK


RSL10: Bluetooth 5 Certified Radio SoC IoT Development Kit

Part Number: BDK-GEVK

Higher Power B-IDK Actuator Shields Power Adapter Board

Part Number: BDK-DCDC-GEVB

 

SIGFOX Shield Evaluation Board (Americas)

Part Number: US-SIGFOX-GEVB


SIGFOX Shield Evaluation Board (Europe)

Part Number: EU-SIGFOX-GEVB


BLE

Part Number: BLE-IOT-GEVB

Power over Ethernet (PoE) Shield Evaluation Board

Part Number: POE-GEVB


CAN (Controller Area Network) Driver Shield Evaluation Board

Part Number: CAN-GEVB

PIR (Passive Infrared) Shield Evaluation Board

Part Number: PIR-GEVB


Ambient Light Sensor (ALS) Shield Evaluation Board

Part Number: ALS-GEVB

 


Touch Switch Shield Evaluation Board

Part Number: TS-GEVB


Battery Free Sensor

Part Number: SPS-READER-GEVK


Multi Sensor Board

Part Number: MULTI-SENSE-GEVB

Dual Stepper Motor Driver Shield Evaluation Board

Part Number: D-STPR-GEVK


BLDC Motor Driver Shield Evaluation Kit

Part Number: BLDC-GEVK


Dual LED Ballast Shield Evaluation Board

Part Number: D-LED-B-GEVK

ビデオライブラリー

Right Rail Card Dark - transform IoT04

Display portlet menu

アヴネット&オン・セミコンダクターで考え方を変革

技術ソリューションプロバイダが皆さんのために何ができるか再考するのに遅すぎることはありません。

詳細はこちら

Right Rail Card Dark - transform IoT05

Display portlet menu

エッジのインテリジェンスな動きとしてのIoTデザイン

IoT全体でみると、個々に必要な電力は異なり、 電力効率に対するニーズはすべてにおいて存在します。

記事を読む

関連資料(英語)

ホワイトペーパー: Challenges of Implementing Industrial IoT Technology

ダウンロード 

フライヤ: IoT 開発キット - Energy Efficient Innovations

ダウンロード