TE Connectivityと共にIIoTアプリケーションの未来を保証します

インダストリアルIoT(IIoT)とは、産業のデジタル変革を拡大するということです。安全性、品質、効率性の向上に向け、工場、サプライヤー、顧客がデジタル知識を共有することにより、マシンツーマシンのコミュニケーションを超えた進化を実現します。
 
インダストリー4.0は、予測的なメンテナンスの実施、物流に関する深い洞察の提供、資産の監視・管理の簡略化など、産業エンジニアが機械に新たな機能を追加するきっかけとなります。 
 
ビッグデータを閲覧、追跡、監視、計測できれば、生産性と効率性を高めることができます。それを実現するためには、データを送信するための安全で高速の信頼できる相互接続とデータを収集するためのセンサーが欠かせません。
 
設計エンジニア向けガイドでは、お客様の機械をインターネットに接続されたデバイスの世界へと導くために必要となる、主なハードウェア技術とサポートについてご紹介します。
ガイドを読む
Graphic depicting the anatomy of an Industrial IoT solution
IIoTソリューションの構造

TE Connectivityはエンジニアと共に、シンプルかつ高速で経済的なインダストリアルコミュニケーションを実現し、効率性と生産性の限界を押し広げようとしています。

TEの製品ポートフォリオ は、革新的なソリューションと、あらゆるものが接続された持続可能で生産的な未来を実現するための試行を重ねた信頼できる品揃えにより、お客様のIIoT設計をサポートします。

インダストリアルIoTのためのコネクタ

インダストリアルIoTでは、無線およびセンサー技術にかなりの焦点が当てられていますが、コネクタに対する需要の高まりも見逃せません。電力およびデータ要件が非常に厳しくなっていること、また新たなプロダクション環境でますます適応的なアプローチが要求されていることから、信頼できる有線接続を維持することはさらに困難になっていくと予想されます。
低電力の信頼できる無線およびセンサー技術の進化によってIIoTが実現されつつある一方、イノベーションの新たな段階を支える強固な基盤として有線接続が利用されることに変わりはありません。

 

熱、摩擦、埃、水分、湿気、化学物質、振動、干渉など、ケーブルやコネクタは日々、多くのことに耐えなければなりません。それらすべてに耐え、相互接続された工場に不可欠な継続的なデータ通信を確保する必要があるのです。
近代的な工場にIIoTが導入されると、最初は革命よりも進化のように感じられるかもしれません。しかし、それはコネクタを含め、選んだ技術が絶え間ない変化に適応できなければならないということです。技術の継続的な進展に、接続も遅れずについていかなければならないのです

IIoT 向けコネクタに関するホワイトペーパー

新たな水準のインダストリアルオートメーション化に向け、コネクタの準備はできていますか?

現在の工場に求められる新しい要件について検討されましたか?将来はどうでしょうか?

IIoT向けコネクタに関するホワイトペーパーでは、次のインダストリー4.0イノベーションの波に対応できる堅牢で信頼できるソリューションを見つけることができるよう、有線接続の様々な選択肢に加え、設計における検討事項、アプリケーション、それぞれの長所と短所について考察します。

以下について詳しく知ることができます。

  • 最新世代のRJ45による簡素化の促進と導入の迅速化
  • RJ45ではなくミニI/Oを選択すべき場合
  • USB、ミニI/O、RJ45、M8、M12、ヘビーデューティコネクタ、ハイブリッドコネクタを選択すべき場合
  • 電源、信号、データを単一のコネクタに統合し、設計、導入、メンテナンスを簡素化するために選ぶべきコネクタ
  • ロボティクスおよび自動化アプリケーションに理想的なモジュール式コネクタ
  • スペースが最大の問題である場合に検討すべき選択肢

ホワイトペーパーをダウンロード

TE - Avnet wired connectivity for the IIoT whitepaper

NEED APAC FORM - AMERICAS FORM PLACEHOLDER ONLY

 

大規模なセンシング:インダストリアルIoTにおけるセンサの未来

産業用自動化・制御アプリケーションでは、力、ポジション、圧力、温度センサーが広く用いられています。IIoTの実現に向け、さらに多くのセンサーが配置されるでしょう。このような大規模な運用を行うには、サイズ、消費電力、信頼性に関するさらなる制限が求められます。こうした要素がこの分野の発展を後押ししています。

伝達しやすいデータをソースから直接提供するデジタル出力センサーもトレンドです。

IIoT 向けセンサに関するホワイトペーパー

IIoTを導入することにより、製造業者は製造サプライチェーン全体を最適化する意思決定を即時に行えるようになります。

予測的なメンテナンス、資産管理、物流の自動化に関してセンサから得られる貴重な情報は、生産プロセスの迅速化、合理化、コスト効率化を後押しします。

IIoT向けセンサに関するホワイトペーパーでは、アナログからデジタルへの産業用センサリングの進化をはじめとする主なトレンドについて取り上げ、現場でキャプチャされたデータを効率的に活用するための様々なセンサの主な選定基準について考察します。

以下について詳しく知ることができます。
  • 電力低減やスペース要件、様々な種類のデータをかつてないほど迅速にキャプチャする必要性など、デジタルセンサーによる産業工学に関する課題の解決
  • 産業用IoTプリケーションにおけるセンサーの選定
  • 設計における検討事項と温度、圧力、力、ポジションの計測に利用できる選択肢
  • 複数のパラメータを単一のセンサーで計測する利点

 

 

どちらに進むべきか?IIoTにおけるワイヤレスの選択肢

無人搬送車(AGV)がすでにプロダクション環境にある中、ワイヤレスはますます産業エンジニアが取り組むべきテーマとなっています。4G携帯電話ネットワークやIEEE 802.11 WLANといった多くのソリューションは、産業要件を満たすために設計されたのではなく、消費者やオフィスニーズによって促進されてきました。さらに、現在は今後の(IIoTを実現する主な要因とされている)5G標準化に向けた帯域幅の割り当てが進められています。無人搬送車(AGV)がすでにプロダクション環境にある中、ワイヤレスはますます産業エンジニアが取り組むべきテーマとなっています。4G携帯電話ネットワークやIEEE 802.11 WLANといった多くのソリューションは、産業要件を満たすために設計されたのではなく、消費者やオフィスニーズによって促進されてきました。さらに、現在は今後の(IIoTを実現する主な要因とされている)5G標準化に向けた帯域幅の割り当てが進められています。

工場の入口への納入から、すべての生産プロセスを経て、反対側から出荷されるまでの追跡を可能にするため、ワイヤレスの低電力な資産タグも検討しなければなりません。

アンテナに関しては、最適な無線機能を備えると同時に過酷な環境条件にも耐えうる革新的なソリューションが必要です。これは、最もシンプルな形として、チップアンテナあるいはフレキシブルプリント基板(FPC)への組み込みなど、単一素子アンテナになる可能性があります。複数入出力(MiMo)アンテナを使用した無線ソリューションも、無線接続における重要な要素となりつつあります。

Products

Featured products for IIOT from TE Connectivity

Learn More

Webinars

Watch the latest TE IIOT webinars

Register Today

Resources

Instant access to application guides, datasheets and other technical resources

Read More

Have an Industrial IoT Question?

Our IIoT specialists are on hand to give you advice on your design.

Get In Touch