Windows 10 IoT

Windows 10の機能更新が年2回となりました。
それに伴い、組み込み用Windows 10 IoTのサービシングの一部にも反映されます。
 
Windows 10 の機能更新が年2回となり、サービシングも変更されました。
 
Windows 10は、ユーザーが使い慣れた操作感をそのままに、機能が快適に進化しました。復活したスタートボタンやライブタイルによるメニューを選べ、過去と未来が融合されています。
Xbox One、Windows Phone、タブレット、ノート、デスクトップやSurface Hub-84インチディスプレイなどデバイスの違いを意識せず、すべてのWindows 10 デバイスをユーザーに合わせて自然に効率よく使いこなせます。全てのWindows 10 デバイスで動作できるユニバーサル アプリケーションを提供、また同じ開発環境(Visual Studio)で作成できます。
Windows 10 IoTは、Windows 10の組込み機器向けのOSです。

Windows 10 IoT/Embedded ライセンス製品ご購入の流れ

組込み製品向けの Windows ライセンスをご購入いただく際は、マイクロソフトとのライセンス契約 OEMCLA(OEM Customer License Agreement for Embedded Systems)が必要です。この契約書上には OS の種類、アプリケーション名、数量等は明記されておらず、あくま でもマイクロソフトと OEM 様とのライセンス使用許諾契約の内容となります。
OEMCLA は OEM 様に Windows Embedded OS を搭載して出荷していただくためのランタイム・ライセンスを提供するものです。
ライセンス購入から製品出荷までの流れは、ライセンス製品によって異なります。契約締結の手続きに関しては、アヴネットまでお問い合わせく ださい。

 

製品のお問い合わせ

製品の購入や仕様に関するお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ

Grid Box Light - Simple - Documents

Display portlet menu

技術資料

Windows Embedded関連の各種技術資料をダウンロードいただけます。

資料ダウンロードのページへ

2020年サポート終了

2020年、Windows 7の延長サポートが終了します。備えはいかがですか?

Right Rail Card Light - Support PDF

Display portlet menu

サポート期間資料

Windows Embedded各製品のサポート期間一覧の資料をダウンロードいただけます。

PDFダウンロード

技術トレーニング

Windows 10 IoTのハンズオントレーニングを毎月開催しています。