Windows 10 IoT

Windows 10の機能更新が年2回となりました。
それに伴い、組み込み用Windows 10 IoTのサービシングの一部にも反映されます。
 
Windows 10 の機能更新が年2回となり、サービシングも変更されました。
 
Windows 10は、ユーザーが使い慣れた操作感をそのままに、機能が快適に進化しました。復活したスタートボタンやライブタイルによるメニューを選べ、過去と未来が融合されています。
Xbox One、Windows Phone、タブレット、ノート、デスクトップやSurface Hub-84インチディスプレイなどデバイスの違いを意識せず、すべてのWindows 10 デバイスをユーザーに合わせて自然に効率よく使いこなせます。全てのWindows 10 デバイスで動作できるユニバーサル アプリケーションを提供、また同じ開発環境(Visual Studio)で作成できます。
Windows 10 IoTは、Windows 10の組込み機器向けのOSです。

Windows 10 IoT Coreの概要

Win10IoT1709_Logo_Cor

IoT ゲートウェイなど、コストとリソースに制約のあるデバイスに最適化されたエディションです。特定の業界シナリオに対応し、柔軟性の高いWindows 10 を、幅広い専用デバイスに適用させることができます。
最適化されたバージョンのWindows です。より小型で低コストのデバイスを構築できますが、顧客がWindows に期待するものと同等の機能も備えています。

主な機能

  • シェルなし。UI をカスタムブランド化できる
  • 単一アプリケーション。アプリケーションを直接起動

使用シナリオ

  • ウルトラシンクライアント
  • デジタルサイネージ
  • スマートビルディング
  • IoTゲートウェイ
  • HMI
  • スマートホームデバイス
  • 宅医療用デバイス
  • バージョンの選択
EnterpriseやMobileの機能を一切必要としないデバイスの場合、機器メーカー様はCore の使用を検討してください。

Windows 10 IoT Coreの情報(2016/08)

  • 64ビットバージョン(2016/08~)追加
  • アプリケーションのアップデートが可能
  • 2017/04 Core Pro終了
Windows 10 IoT Core のライセンス

製品ライフサイクル

  • 2018/Fall ~ LTSC追加予定 10 年間の製品サポート(LTSC)

 

Windows 10 IoT Core デバイス OS の最小システム要件

ハードウェア UI なし UI あり
プロセッサ ARM or x86 or x64 (> 400MHz)
最小メモリ 256MB 512MB (768MB 64bitプロセッサ)
最小ストレージ 2GB
詳細は下記サイトをご参照ください。

 

 

Windows 10 IoT Core が搭載可能なデバイスがあります

以下のボードを利用してクラウドに接続することでIoTの範囲が広がります。
MinnowBoard Max
Intel® Atom™ processor E3800

Minnow Board Max

Raspberry Pi 2
Broadcom 2836 900MHz quad core
ARM Cortex-A7 CPU
DragonBoard™ 410c
Qualcomm® Snapdragon™ 410 (APQ8016)
上記でご紹介した機能は一部です。ご不明な点などありましたらお問い合わせください。

製品のお問い合わせ

製品の購入や仕様に関するお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ

Grid Box Light - Simple - Documents

Display portlet menu

技術資料

Windows Embedded関連の各種技術資料をダウンロードいただけます。

資料ダウンロードのページへ

2020年サポート終了

2020年、Windows 7の延長サポートが終了します。備えはいかがですか?

Right Rail Card Light - Support PDF

Display portlet menu

サポート期間資料

Windows Embedded各製品のサポート期間一覧の資料をダウンロードいただけます。

PDFダウンロード

技術トレーニング

Windows 10 IoTのハンズオントレーニングを毎月開催しています。