ARCNET, CircLink

ARCNETは改良型トークンパッシング方式を使用したプロトコルの名称です。これを使用したARCNETは現在も高い評価を得ており、各種産業マーケットで活躍しています。またCircLinkは、日本市場の要求に応じて、更に改良された技術をベースにした技術です。

CircLink FAQ

▼CircLinkとは?
▼CircLinkの強みとは?
▼CircLinkのトポロジーは?
▼CircLinkのバンド幅は?
▼CircLinkが採用しているエンハンスド・トークンパッシングとは? またANSI878.1準拠のトークンパッシングとの違いは?
▼CircLinkのスタンドアロンモードとは?
▼CircLinkがサポートしているCMI符号とは?
▼CircLinkのネットワーク・スタンダード・タイムとは?
▼CircLinkのリモートバッファーモード(メモリーミラー機能)とは?
▼CircLinkの評価キット製品とは?
▼CircLinkを動作させるソフトウェアはありますか?
▼CircLinkの採用例はありますか?

Q CircLinkとは?
A このLSIはエンハンスド・トークンパッシング プロトコルを採用することで、ネットワーク管理のリアルタイム制を向上させ、高スループット、内部RAMのシェアリング、時間データの自動調整等を実現しています。これらの機能を使用することで、各ノード間でリアルタイム処理が可能となります。また。このLSIは、CPUの介在無しでデータの送受信が可能なスタンドアロンモードをサポートしています。
Q CircLinkの強みとは?
A CircLinkはトークンと言うネットワーク制御信号を使用して、各ノードの送信権を管理するトークンパッシングを改良したエンハンスド・トークンパッシング方式を採用しています。
この方式を使用する事で、送信を終了する時間が確定でき、Ethernetの様にデータの衝突が発生しません。
Q CircLinkのトポロジーは?
A CircLinkは、スター型、バス型、混在型が可能です。非常に汎用性の高いトポロジーとなっています。
Q CircLinkのバンド幅は?
A 現在、ご提供しているLSIは最大5Mbpsの転送レートをサポートしています。
Q CircLinkが採用しているエンハンスド・トークンパッシングとは? またANSI878.1準拠のトークンパッシングとの違いは?
A トークン・パッシングは、(ANSI878.1規格)各ノード間をネットワーク制御データであるトークンが巡回し、トークンを持ったノードのみが送信ができます。つまり、トークンが巡回して来るまでの所要時間が送信待ち時間の最大値となります。
最大待ち時間は、(141.0 + 4.4 ×B)× N × 2.5/ Rで表すことが出来ます。(B:最大送信データ・サイズ、N:ノード数、R:伝送速度)例えば、最大送信データ・サイズを16バイト、ノード数を8、伝送速度を5Mbpsとすると最大845.6μsで送信が終了することになります。このトークン・パッシング方式では、トークンが何らかの原因で巡回されない場合、トークンを正常に巡回させるためにネットワークの再構築(リコンフィグレーション)を行います。このリコンフィグレーション処理間は期待時間内でデータを送信することが出来ないと言う欠点があります。エンハンスド・トークンパッシングはこのリコンフィグレーションが発生する頻度を極端に減少させ、かつリコンフィグレーション処理時間を短縮し、リアルタイム性、安全性が向上した通信方法です。
Q CircLinkのスタンドアロンモードとは?
A スタンドアロン・モードは、CPUの介在なしに、16ビットまたは8ビットのデータを自動的に送受信する機能です。この機能を利用することでCPUの負荷を減らせるため、システム全体を1つのCPUで制御(リモート制御)することも可能となります。各ノードにCPUやその周辺LSI(メモリーなど)を搭載する必要がなく、またソフトウェア開発の工数も減少するためシステム全体のコストダウンや単純化を図れます。
Q CircLinkがサポートしているCMI符号とは?
A CMI符号(Coded Mark Inversion Cords)の採用によって、ビット単位で誤りの補正ができます。符号化則は、入力“0”は“01”に、“1”は“00”と“1”に交互に変換します。最大“0”連続は3ビット。マーク率1/ 2となり、パルス・トランスで絶縁した伝送路を使用した場合に、パルス・トランスの磁気飽和を防止できます。
Q CircLinkのネットワーク・スタンダード・タイムとは?
A ネットワーク・スタンダード・タイム機能は、ネットワーク全体の処理を同期させるための機能です。各ノードの中から、時間の基準とするノードを設定しそのノードからのパケット・データを受信するたびに、各ノードは時刻を補正すます。
この補正方法は、時間データを単純に補正するのではなく、ノード自身のカウント速度を早くしたり、遅くしたりするようにしています。こうすることで、各ノードがもつ時刻が突然戻ったり、進んだりして不連続となる、いわゆるタイム・トラベル現象の発生を防いでいます。
Q CircLinkのリモートバッファーモード(メモリーミラー機能)とは?
A CircLink内の各ノードの内部メモリーが同じデータを持つ機能です。CircLink内のあるノードの内部メモリーのデータを更新した場合、ネットワークに接続されているすべてのノードの内部メモリーのデータが自動的に更新され、同じデータを共有することが可能です。各ノードは、この内部メモリーをシステム全体の共有メモリーとして、またプロセス間通信用のメモリーとして使えます。例えば、あるノードに接続されているセンサーの値をリモートでモニターする場合、センサーが接続されているノードは、センサーの値を内部メモリーに書き込む処理だけを行います。モニターするノードは、自身の内部メモリーの値を随時読み込めばモニタリングが可能となります。
Q CircLinkの評価キット製品とは?
A PCI、ISAインターフェースボードとスタンドアロンモードを動作させるボードがあります。
Q CircLinkを動作させるソフトウェアはありますか?
A 標準ライブラリーソフトウェアであるEC-LIBを無償でご提供中です。
このソフトウェアはライセンスフリーでソースコードも含まれています。
Q CircLinkの採用例はありますか?
A 富士重工製のバス(自動車)に採用されました。このバスは近々、発売される予定です。
このバスに搭載したCircLinkは、センサーやアクチュエーターなどの入力数で240本、出力数で240本をCircLinkが搭載された15のユニットで制御されています。

製品のお問い合わせ

製品の購入や仕様等に関するお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ