ARCNET, CircLink

ARCNETは改良型トークンパッシング方式を使用したプロトコルの名称です。これを使用したARCNETは現在も高い評価を得ており、各種産業マーケットで活躍しています。またCircLinkは、日本市場の要求に応じて、更に改良された技術をベースにした技術です。

ARCNET 製品概要

ARCNETは改良型トークンパッシング方式のLANプロトコルの名称です。FAをはじめ、あらゆる産業にてご好評いただいております。
1995年に社内にARCNETデザインセンターを開設。コントローラLSIはもちろん、マイクロチップ社開発のシステム・モジュール製品等の取扱いも含め、TMCはARCNET関連LSIの中心的役割を担っています。

 

ARCNETの特徴

最悪待ち時間を保証

改良型トークンパッシング方式という順序制御方式のため、イーサーネットに代表されるCSMA/CD方式のような信号の衝突は起こしません。つまり、ノード数をもとに応答時間を算出することができ、システムの最悪(最大)待ち時間を予測することができます。またノード数が増えても、高スループットを維持できるため、リアルタイム性を持ったネットワークといえます。

柔軟なネットワークトポロジーで省線化

LANの代表的なケーブル接続方式であるバス、スター、混在させたツリー型の構成が可能です。工場の多数のケーブルを規模に合わせてすっきり配線できます。

多種メディアをサポート

同軸、ツイストペア、RS-485、光ケーブル等、伝送メディアを選択でき、システム構築の柔軟性に優れています。

エラー検出機能

ネットワークへのノードの参加や削除が容易な自動再構築機能。データ送信前に受信先を確認する自動認識。また誤ったデータを自動拒否するなど優れたエラー検出機能を持っています。

最大10Mbpsの伝送スピード

現在、工場内で多く使用されているRS-232Cなどのシリアル伝送では Kbps単位での伝送スピードですが、ARCNET(COM20022)では 156Kbps~10Mbpsまで自由に速度を選択できます。伝送スピードは今後もさらに向上していきます。

柔軟な拡張性

ノード接続数は1~最大255台。1回に送信するデータ量は1~最大508バイトまでサポート。

CPUの負担を軽減

プロトコルをチップレベルでサポートしているため、制御プログラムの開発が容易で、制御CPUの負担も抑制できます。

 

ARCNETの基本仕様

   (COM20022使用時)

 

項 目 仕 様
データ転送速度 156.25Kbps~10Mbps
最大ノード数 255ノード/ 1ネットワーク
プロトコル 改良型トークン・パッシング方式
トポロジ バス型、スター型、およびこれらの複合
パケットサイズ 1~最大508バイト
最大延長距離 6.4km/ 1ネットワークあたり
伝送媒体(ケーブル) 93Ωの同軸ケーブル
ツイスト・ペア・ケーブル
光ファイバ・ケーブル
信号コード方式 ベースバンド/ ダイパルス

製品のお問い合わせ

製品の購入や仕様等に関するお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ