ヘルスセンサー・プラットフォーム

マキシムのMAXREFDES101#は、腕時計型ウェアラブル形状の独自の評価/開発プラットフォームで、広範なマキシムのヘルスセンシングアプリケーション用製品の機能を実証します。
 

 

 

 

 


製品概要

マキシムのMAXREFDES101#、第2世代のヘルスセンサープラットフォーム(MAXREFDES100#の後継製品)は、PPGアナログフロントエンド(AFE)センサー(MAX86141)、生体電位AFE (MAX30001)、体温センサー(MAX30205)、マイクロコントローラ(MAX32630)、パワーマネージメントIC (MAX20303)、および6軸加速度計/ジャイロスコープを内蔵しています。この完全なプラットフォームは、腕時計型の筐体と、心拍数アルゴリズムを内蔵した生体センサーハブ(MAX32664)を含んでいます。アルゴリズムの出力と生データは、デモ、評価、およびカスタマイズされた開発用にBluetooth®を介してAndroid®アプリまたはPC GUIにストリーミング可能です。

 

製品のお問い合わせ

製品の購入や仕様等に関するお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ