アクセル

IT・FAの分野では、機器の小型化・高性能化が急速に進む中、そこに搭載されるグラフィック&サウンドの表示・再生機能の進化が遅れがちでした。従来、高精細な映像などを表示するためにはハイパワーのCPUかPC用のグラフィックLSIを搭載するほかに手段はなく、コストや消費電力、サイズなどの問題から、グラフィックを必要とする全ての機器に搭載することができませんでした。

 

株式会社アクセルは「ローコストのシステムに高度なグラフィック&サウンドの表現能力を持たせることで、新たなマーケットを創造する」という発想のもと、独自LSIの開発に成功しました。株式会社アクセルの技術は世界でも類を見ない技術として高い評価を受け、さまざまな機器に採用されています。

AG901

「AG901」は、FA・計測・医療機器向け高性能グラフィックス LSIです。SXGAサイズの高解像に対応し、高精細な描画表示を一般的な組込みシステムで実現しています。また、マルチレイヤ機能(レイヤ毎に画像情報を管理)やビデオキャプチャ機能(映像情報をリアルタイム表示)を利用することで応用分野に広がりを持たせています。

【特色】
・最大SXGAの高解像度対応
・ビデオキャプチャ機能内蔵
・汎用16ビットバスCPUインタフェイス
・豊富な描画機能
・可逆のデータ伸長エンジンを内蔵
・マルチレイヤ・マルチウインドウ表示

メーカーサイト


AG903

「組み込み機器向けグラフィックスLSI」を掲げるアクセルの AG9 シリーズは、医療機器などの産業分野において 10年超の長きにわたり、ご愛顧いただいています。 同分野では性能のみならず、将来に向けての入手性や過去からの開発環境の使用実績、築き上げた設計資産の流用性なども重要視されます。シリーズ最新製品「AG903」は、これらやシステムコストに配慮した QFP の SoC として登場。CPU・大容量 RAM・高性能グラフィックスエンジンを搭載し、多くのお客様がお持ちの開発環境に対応しています。

【特色】
・描画エンジン OpenVG™ 1.1対応
・CPUコア ARM® Cortex®-A5 400MHz
・内蔵 VRAM 容量 512Mbit
・ビデオ入力 CMOSデジタル(24bit)×1, アナログ(NTSC/ PAL)×4
・ビデオ出力 CMOSデジタル(24bit)×1、LVDS デュアル×1
・最大解像度 1920×1200(pixel)※1 出力時
・画像コーデック JPEG(圧縮伸長), H.264(伸長)
・電源電圧 コア1.15V, I/O 1.8V または 3.3V(選択可能), アナログ1.8V, DRAM 1.8V
・パッケージ QFP 256pin, 28×28mm
・その他 画像処理機能, 外部 CPU からの制御

メーカーサイト


「AG903」開発パートナーのご紹介

「AG903」をご使用の場合は、以下のパートナーによるソフトウェアサポートが可能です。

IAR システムズ株式会社

IAR Embedded Workbench® for ARM は、各社 ARM マイコンをサポートする統合開発環境で、パワフルな IAR C/ C++コンパイラ、包括的機能を持つ C-SPY® デバッガを含み、高性能な組込みアプリケーションの開発に必要な全ての機能を備えています。 また、日本語対応した取扱説明書・GUI・ヘルプメニューに加え、日本人スタッフのサポートにより、初めて ARM コアを採用されるユーザ様にもご好評いただいています。

メーカーサイト
 

イー・フォース株式会社

μC3(マイクロ・シー・キューブ)/ StandardはμITRON4.0 のスタンダードプロファイルに準拠し、32 ビットプロセッサが搭載された組込みシステム向けのリアルタイムOSです。高性能プロセッサが、より高度なリアルタイム制御に耐えられるよう、割込み禁止区間を極力なくし、割込み応答性を最重要課題として設計したリアルタイム OS です。ARM Cortex-A シリーズコアで多くの採用実績がある μC3/ Standard が AG903 に対応しました。TCP/ IP や Filesystem も利用可能です。

メーカーサイト

お問い合わせ

製品の購入や仕様に関するお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ